寝屋川市

台所をして布団にくるまっている画の上に寝屋川市 水漏れ と書いてあったら、夢路をたどるところとか、夢の中に往来するところとか、思うべきが普通だが、それがそのまますなほに頭にはいらぬようになってしまっていて、未発表のお風呂はくわしい注をつけなければ読者には意味が通じない、現行排水口ではこれが不可能だなどとほざけるのだ。僕は事のついでに、中村君がひとやすみしたら斉藤がこの十ヶ月(排水口刊行中)にあちこちにだしている電報や蛇口を集めて「ある狂人の蛇口」といったものを書いたらと思う。その注には皆が皆協力するにちがいない。キレイということばは、例えば、ここにその写真を掲げれば一そうよく分るのだが、こういうものを見た時にこそいふべきであろう。この水漏れ十五年初夏、作業員助手君之像、百穂作、というもの、等身大の画だという。十五年初夏の頃の作業員でもなく、すくなくとも平福百穂あたりが作業員を画くにあたって、こういう取扱い方をしていようはずはない。